お知らせ

お知らせ

「市民健康フォーラムin網走(てんかんと認知症について考えてみましょう)」のご案内

皆様には、当法人の広報誌「ぽぽろ170号(11月号)」や、明生会facebookでご案内しておりますが、

「市民健康フォーラムin網走」が11月27日(火)に開催されます。

 

この市民健康フォーラムは、網走市内・近隣の町村の住民の皆様を対象に、「てんかん」と「認知症」を深く皆様に知って頂くことを目的として開催します。

 

市民健康フォーラムは、特別講演と一般講演の二部構成となっており、「てんかん治療」と「もの忘れ」をテーマとして二部構成の講演を予定しています。

第一部の講演は、「特別講演」として、聖マリアンナ医科大学 脳神経外科 准教授(てんかんセンター 副センター長)の太組一朗先生が「お薬をのんでも発作が止まらないとき」と題して講演します。

第二部の「一般講演」では、当法人の桂ヶ丘クリニック 藤田 力 院長が「もの忘れ外来」と題して講演します。

とても貴重な講話ですので、お時間のある方、ご興味のある方は、是非ご参加ください。

 

【市民健康フォーラムin網走(てんかんと認知症について考えてみましょう)】

日時:平成30年11月27日(火)17:30~18:50

場所:網走市潮見コミュニティセンター 大会議室

(網走市潮見4丁目113-1)

 

≪プログラム≫

17:30~18:15特別講演

「てんかん治療~お薬を飲んでも発作が止まらないとき~」

聖マリアンナ医科大学 脳神経外科 准教授

てんかんセンター 副センター長)

太組一朗(タクミ イチロウ)先生

 

18:20~18:50 一般講演

「もの忘れ外来について」

社会医療法人明生会 桂ヶ丘クリニック

藤田 力 院長