脳神経外科

脳神経外科

担当医師より

医師から一言

近年、医療技術の発達によりカテーテル治療や内視鏡治療が開発されています。
その中で個々の疾患に併せて、低侵襲で根治的な治療方法を選択する必要があります。

明生会では同一法人の道東脳神経外科病院と網走脳神経外科・リハビリテーション病院との医師間で救急疾患も含め症例を検討し、より専門性の高い医療を提供できるような体制を構築しています。

また救急疾患に対して24時間365日手術対応が可能な体制や、集中治療室での内科治療からリハビリテーションまで総合的に対応できる体制を作っています。

対象疾患

主な症状

脳動脈瘤、頭蓋内外動脈狭窄症や閉塞症、脳動静脈奇形、もやもや病、頭部外傷、脳腫瘍、顔面痙攣、三叉神経痛

主な診療

【薬物治療(内科的治療)】

基本的には全疾患の第一選択は薬物治療のため、疾患毎に併せた内服や点滴による内科的治療を行います。

【手術】

手術前にCT、MRI、核医学検査、脳血管撮影など最新設備を用いた検査を行い、綿密に計画を立案します。手術は術中に脳機能温存を確認する生理学的検査を併用し、顕微鏡を用いた外科治療を主体に行います。カテーテルや内視鏡を併用した治療を行う場合には、専門施設の医師を招聘し当院で施行します。