セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオンとは?

「セカンドオピニオン」とは「第2の意見」つまり主治医以外の医師より意見をもらうことです。 このセカンドオピニオンが成り立つ前提として、現在かかりつけの医師、医療機関より、十分な説明を受けられることが大切なことですが、近年医療も進歩しており、ご自身の受けられる治療法や診断について、機会があれば他の医師の意見も聞きたいと思う方も増えているのも事実です。
そのため、患者さんが納得した医療を受けられるための選択肢の一つの方法として、医療の現場にも少しずつ浸透してきています。

ご本人の受診を原則としますが、「相談同意書」をご持参いただければ、ご家族のみでも受診は可能です。
ご家族のみでのご相談の場合や、患者さんが未成年者の場合は続柄を確認できる書類(健康保険証など)をお持ち下さい。

また、脳神経外科領域に限ります。
お申し込み内容についてセカンドオピニオン外来担当医が予め判断した上で、実際の受診の可否を決定いたします。
内容によってはお断りする場合もありますのでご了承下さい。

※その他の診療につきましては窓口及びお電話にてお問い合わせください。

セカンドオピニオンをお受けできない場合

  • 予約外の場合
  • 主治医に関する不満、医療過誤及び裁判系争中に関する相談
  • 最初から「転院」を希望されている場合
  • 相談内容が当院の専門外である場合

目的と診療について

セカンオピニオン外来は、現在の診断、治療に関しての意見を提供することが目的ですから、主治医からの情報提供が必要となります。
持参いただいた主治医からの情報提供や患者さんのお話を聞き資料の範囲での判断を提供するため、原則として、当院では新たな検査や治療は行いません。
そのため最初から当院へ転院を希望される方、治療を希望される方はセカンドオピニオン外来の対象とはなりませんので、一般外来を受診していただくこととなります。

  • 相談時間は約30分程度とし、内容によって延長もいたします。(延長による追加料金は発生しません)
  • 相談時間には主治医への報告書作成時間は含みません。
  • 相談を担当する医師は、当院の院長、副院長、医師の中から専門性を考慮して決定し、ご連絡いたします。

セカンドオピニオン外来の費用について

10,800円(税込)※主治医への報告書作成文書料金も含みます

  • 健康保険は適用されないため、全額自費となります。
  • 相談料金は、ご相談終了後会計窓口にてお支払いいただきます。
  • 問い合わせ、ご予約には料金はかかりません。キャンセルは可能です。
  • セカンドオピニオン外来にかかる金額は全て込みで10,800円ですが、当院へご持参いただく主治医の紹介状や、検査資料のコピーなどには別途診断書料金やコピー料金がかかることもありますので、現在受診されている 医療機関へお問い合わせ下さい。

セカンドオピニオン外来に持参して頂くものについて

  • 相談同意書
    ご相談者がご本人以外の場合は、相談同意書が必要です。
  • 続柄を確認できる書類
    ご相談がご家族だけの場合、及び、患者さんが未成年者の場合はご相談者との続柄を示す書類(健康保険証など)が必要です。
  • 主治医の情報提供書
    かかりつけ医の医療機関の書式で構いません。
  • 血液検査の結果やレントゲン検査のフイルムなどのデータ
  • MRI検査、CT検査のフイルムなど、その他診断に必要と考えられる資料、データ

セカンドオピニオン外来を希望される方は、電話でお問い合わせ下さい。